株式会社スターシステム

名古屋、東京、広島でのシステム開発、制御・機械設計なら株式会社スターシステムへ

[ これまでの実績と展望 ]

弊社は平成17年(2005 年)の創業以来、中小の経営に大きく影響したリーマンショックや東日本大震災などの大変な時期も乗り越え、毎年増収増益を更新し続けていました。
また、昨今の令和2年から始まったコロナ禍の影響も経営に打撃を与えております。
スターシステムグループは、近年の好景気のうちに形成した、強い経営ができる骨組み創りと、新人教育から幹部教育に至るまで多岐にわたる社員教育に真剣に取り組んだ結果、現在の状況下でも安定経営ができるまでになっております。
社員数も順調に増えグループ全体で250人(契約社員含む)までになりました。
私たちは、会社とは社員との共同体であるという考え方で経営しております。

・増収増益を常に狙い社会貢献と社員還元をする
・全社員のレベルアップ「人間力と技術力」の融合
・人生を豊かにする「人間力」向上と、未来永劫持てる「技術力」の習得
・急激に変化する社会に柔軟に対応できる企業創り

これらを掲げ、健全経営をするためには常時黒字経営が必須です。
福利厚生の充実、働き方改革の推進、グローバル社会の推進、持続可能な開発目標(SDG s)も含めた時代に追従できる企業を目指しています。

[ 定着を目指して ]

技術力で勝負する業界のため、どうしても仕事を覚えて一人前になるまで時間を要します。夢途中で挫折してしまう社員がいないとは言い切れませんが、出来る限り一緒に成長して行けるようバックアップの体制をとって最大限のお手伝いをしております。 例えば新卒で入社した社員のため、言語研修、ビジネスマナー研修などの社内OJTを充実させており、約半年間の勉強の中でこの業界の作法や、社会人として必要な事も学んでいただきます。

また、大学や専門学校、そして職業訓練校より、年間50人近くのインターンシップを受け入れており、多くの採用に繋がっております。実際働く職場の雰囲気を知ってもらい、入社時のギャップを解消する狙いもあり、その上で入社試験を受けて入社してもらうことも長続きしている秘訣かもしれません。

[ 社員を増やす理由 ]

会社は大きい方が良いと考えております。その理由は簡単で、より多くの社員がいれば、困難に立ち向かう時にもリスクが少なく、安定した会社運営を行うことが出来るからです。
ですので、今よりもっと強い会社を目指すため、現在も社員を増やし、売上を伸ばす努力を続けております。そしてよりさらに大きくなって社員が安定して暮らせる会社づくりを目指します。

[ 評価制度で毎年見直し ]

春と秋の年2回、上司との個人面談により社員ひとりひとりの評価を見直ししております。個人の目標とチームの目標を立て、それに向けて取り組んだ実績を評価の対象にしており、比較的早いタイミングで汲み取る事が可能となっております。




もちろん、入って間もない技量が伴わない社員の皆さんにおいても、会社運営のお手伝いや、新人の技術・精神面でのフォロー、お客様への営業活動や窓口になっていただくなど、実際の業務以外での活躍も含めた「技術力+人間力」の総合評価を重要視しておりますので、様々なチャンスを活かしていただければと思っております。

[ ジュニアボード制度 ]

ジュニアボード制度とは簡単に説明しますと、今後活躍を期待される若手社員や中堅社員を中心とした会議のことです。
自薦・他薦(幹部からの)によって集まったメンバーがプロジェクトチームを作り、会社の経営に関する議題の中からいくつかをピックアップして議論し、実際に経営陣への提案を行っております。事業所や部署間の壁を取り払い、若手社員の交流やモチベーションのアップの場としても期待しております。

[ チャレンジアップ認定制度とは? ]

~チャレンジアップ制度の目的~
●向上心のある社員がより付加価値の求められる場で活躍しやすい環境をつくることで、チャレンジ風土を形成し、社員の成長スピードを飛躍的に高めます。

●ミッションの種類
①リーダーミッション
・部門やチームを積極的にまとめあげチームとして成果を上げる。
・重要なプロジェクトのチームリーダーとしてプロジェクトを完遂する。

②エキスパートミッション
・自身のスキルを活用して戦略的顧客や新規事業へ参画し、顧客から信頼を得る。
・高スキル(現時点の能力以上)の業務に従事する。

●報酬UP
チャレンジUP制度は部門長の推薦と本人の意思表明でスタートします。
ミッションの種類に沿って目標を設定し、チャレンジUP制度をスタートします。
スタート時からチャレンジUP報酬が毎月の給与にONされます。(1万~5万円/月)
チャレンジUP制度は1年 成果結果を役員会にて成功もしくは失敗を検討し、成功時はその報酬はベース給として基本給与に組み込みます。
失敗時はチャレンジUPに付与した報酬が終了し普段の給与に戻ります。

 

[ スターシステム の福利厚生について ]


●企業型DC(確定拠出年金) 【401K】加入中
企業型DC(企業型確定拠出年金)とは、企業が掛金を毎月積み立て(拠出)し、従業員(加入者)が自ら年金資産の運用を行う制度です。
弊社の企業型DCは、企業型DCに加入するかどうか毎月の金額を自分で選択できるのも特徴です。
従業員は掛金をもとに、金融商品の選択や資産配分の決定など、さまざまな運用を行います。
そして定年退職を迎える60歳以降に、積み立ててきた年金資産を一時金(退職金)、もしくは年金の形式で受け取ります。
この掛け金分は最大1か月に5万5千円までです。
この掛け金は非課税対象になるので、とても大きなメリットとなります。
受け取る際について1度だけですが、退職金扱いとして受けとれるので大きな節税効果が期待できます。

~メリットのまとめ~
1つ目は、企業型DCの運用で得た利益は全額非課税となることです。
一般的な金融商品で運用するとその運用益に対しては約20%の税金がかかります。
それが全額非課税となるわけです。
2つ目は、積み立ててきた年金資産は60歳以降、一時金か年金の形式かで受け取ることになりますが、どちらの形式でも税制優遇が受けられます。
一時金であれば「退職所得控除」、年金であれば「公的年金等控除」が受けられ、税を軽減することができます。
3つ目は、マッチング拠出を利用した場合、従業員が拠出する分の掛金については、全額所得控除の対象となり、所得税・住民税が軽減されます。
※積み立てた年金資産は原則60歳まで引き出すことはできません。

 

●民間損害保険 任意労災に加入中
仕事中に被ったケガから業務を原因とする病気まで幅広く補償する制度。
一般の中小企業の労災保険では賄えない部分に上乗せして保証をする保険に加入しています。
補償対象者(従業員の方)が保険期間中に被ったケガなどが、補償の対象となります。
業務に従事中または通勤途上の急激かつ偶然な外来の事故によるケガなども対象となります。
従業員に直接お支払いされるところもPOINTです。
※保険にはお支払いできないケースがございます。

●団体長期障害所得補償保険(GLTD)加入
団体長期障害所得補償保険(GLTD)は、従業員の皆様が病気やケガで仕事ができなくなったとき、長期間にわたって所得の減少額の一定割合を毎月お支払いする保険です。
従業員が病気やケガで働けなくなった時、休職中、弊社では保証保険を最長3年間まで付与することが可能です。
これは社会保険が用意している保証機関である、最大18か月間が適応され、その保険が終了しても、標準月額報酬の約50%を保険としてそこから約16か月の間受け取ることができる保証制度です。
社会保険が適応される傷病手当金に上乗せする形で、月々の収入に応じて長期補償できる保険制度なのです。
この保証制度は経済的な不安がないことで、余計な心配をせずに完治・復職をめざすことができます。
さらに条件はありますが(※)、この保証制度は精神障害補償特約を付けています。
例えば最近増加しているうつ病などの一部の精神障害(※)が原因で就労できない状態にある場合でも、傷病手続き申請し付与されてから最長2年間が保険金のお支払の対象となります。
(※)対象とならない精神障害もありますので、詳細は管理課までご相談ください。

 

[ スターシステムの技能研修実施について ]


スターシステムグループでは社員向けに下記のような技術力向上のための技能研修を実施しています。
2021年を例として実施内容を掲載します。

①ORACLE研修実施

ORACLE技能研修は、システム開発工程において、DB領域の知識向上はシステム開発部門ではとても大きなファクターです。

  • データベース・アーキテクチャ(DBA)・・・20年8,9月実施
  • データベース・マネージメント(DBM) ・・・20年9,10月実施
  • バックアップリカバリ・・・・・・・・・・・20年11月実施
  • SQLパフォーマンス・チューニング・・・・・21年6,7月実施
  • Oracleパフォーマンス・チューニング・・・・21年7,8月予定



  • ②技術推進室主催 社内勉強会開催

    本勉強会は、プログラミング経験者を対象に、若手リーダー層の育成を目的としており、今後プロフェッショナルを目指すために必要な業務知識等が身につく内容です。

  • システムエンジニアのシステム設計技術向上セミナー
  • ~プロフェッショナルへの方程式~
    毎月2回開催 全20回予定

    スターシステムグループでは技術力向上+人間力向上がテーマです。
    技術力向上については別の技能研修も随時実施していますし、今後はAIやIoT技術についても深堀していく予定です。