3.jpg 2.jpg 1.jpg

エンジニアとしての
未来を描こう
(株)スターシステム・2019インターンシップ・レポート

  • 01
  • インターンシップ・それぞれの目的

会社としての目的

IT業界、企業について知ってもらうこと
弊社の社風、社内の雰囲気を知ってもらうこと
学生本人の希望に合わせて実習を行い、なにかしら身につけて帰ってもらうこと

学生の目的

業界について知りたい
どういう風に働いているのか知りたい
プログラミングをやってみたい、教えてほしい
学校ではできない実務的なプログラム作成をしてみたい
たくさんの人と交流したい

  • 02
  • インターンシップ・今年の課題

プログラミング
初心者コース

動画学習、プログラミング演習

AIをつかった
感情分析システムの制作

基本のプログラムをもとに、企画から制作までを学生に一任

システム仕様書の
作成

ある課題を解決するためのシステム作成計画書を作成

インターンシップ講師担当
情報システム部・人材育成課 部長代理
島田 貴司より

プログラミング能力は「少し苦戦するけど頑張ればできる課題」に挑戦し続けることで成長します。難しすぎたり簡単すぎる課題では退屈になったり諦めたりして最適な速度で成長できません。
スターシステムでは現在のレベルに合わせて4つの技術習得コースを用意しています。
1.基礎知識習得コース
2.基礎知識を活用した基本プログラミングコース
3.基本プログラミングを組み合わせる応用プログラミングコース
4.プロダクトの起案から開発までを行うエキスパートコース
また、開発志望ではない人向けに上流工程にフォーカスした提案資料作成コースも用意しました。全ての実習はミッション達成型のアウトプット中心の内容となっており、システム開発の流れを感じてもらえる内容になっています。
また実習環境にもこだわっており、社内で受託開発を行う開発チームのすぐ隣のエリアで実習しています。実際にエンジニアとして働く様子を間近に見られるので自分が働く時のイメージもでき、さらにIT企業の働く環境の雰囲気を感じることができます。
社員とのコミュニケーションも取りやすいので業界研究や企業研究にも最適な環境となっています。

  • 03
  • インターンシップ・レポートアルバム

実習風景

社会へのモヤモヤをすっきりする会

名刺交換

成果報告会

修了証授与

インタビュー動画

音声が出ます
 

インターンシップ開催期日

 

2019夏季インターンシップは8/5〜9/20の期間で行いました。
基本1weekインターンシップでしたが、学生の希望に合わせて随時対応しました。
今年は48名の学生が参加しました。
 
 

インターンシップの概要を知りたい!
エントリーしたい!など
どうぞご遠慮なくお問合せください

CONTACT&ENTRY

 

 ACCESS

インターンシップご案内のPDFをご用意しております。ぜひご覧ください。

PDFはこちら>


PDF形式の閲覧方法について

本サイトでは、各種申請書や関連書類をPDF形式でご案内しております。
PDF(Portable Document Format)とは、Adobe Systems社が提唱している、ドキュメント形式のことです。
書類に含まれるあらゆる内容(文字、画像、レイアウト情報など)が、「Acrobat Reader」を使用することによってMacintoshやWindowsなどのプラットフォームやアプリケーションの違いに関わらず、表示・出力できる電子文書配布用のデータ形式です。
アドビシステムズ社より無料で配布されておりますので、ダウンロードしてご利用ください。
詳しくはアドビシステムズのサイトをご覧ください。