名古屋でのシステム開発なら株式会社スターシステムへ

プログラム設計からコンサルまであらゆる仕事をプロデュース

[ これまでの実績と展望 ]

弊社は平成17年の創業以来、リーマンショックなどの大変な時期もありましたが、その後は順調に回復し、おかげさまで毎年過去最高益を更新し続けております。また、社員数も順調に増えグループ全体で約160人までになりました。
「会社は所属する人そのものが反映されるところ」と考えておりますので、新しく入ってくる社員の良い所を伸ばして新しい風を入れていきたいと思っております。 また、これまでも様々なポイントで変化をしてここまで進んできましたが、今後も社会の情勢やトレンドを汲み、今までと同じく変化を恐れずに成長を続けて行きたいと思っております。

[ 定着を目指して ]

技術力で勝負する業界のため、どうしても仕事を覚えて一人前になるまで時間を要します。夢途中で挫折してしまう社員がいないとは言い切れませんが、出来る限り一緒に成長して行けるようバックアップの体制をとって最大限のお手伝いをしております。 例えば新卒で入社した社員のため、言語研修、ビジネスマナー研修などの社内OJTを充実させており、約半年間の勉強の中でこの業界の作法や、社会人として必要な事も学んでいただきます。

また、大学や専門学校、そして職業訓練校より、年間50人近くのインターンシップを受け入れており、多くの採用に繋がっております。実際働く職場の雰囲気を知ってもらい、入社時のギャップを解消する狙いもあり、その上で入社試験を受けて入社してもらうことも長続きしている秘訣かもしれません。

[ 社員を増やす理由 ]

会社は大きい方が良いと考えております。その理由は簡単で、より多くの社員がいれば、困難に立ち向かう時にもリスクが少なく、安定した会社運営を行うことが出来るからです。
ですので、今よりもっと強い会社を目指すため、現在も社員を増やし、売上を伸ばす努力を続けております。そしてよりさらに大きくなって社員が安定して暮らせる会社づくりを目指します。

[ 評価制度で毎年見直し ]

春と秋の年2回、上司との個人面談により社員ひとりひとりの評価を見直ししております。個人の目標とチームの目標を立て、それに向けて取り組んだ実績を評価の対象にしており、比較的早いタイミングで汲み取る事が可能となっております。




もちろん、入って間もない技量が伴わない社員の皆さんにおいても、会社運営のお手伝いや、新人の技術・精神面でのフォロー、お客様への営業活動や窓口になっていただくなど、実際の業務以外での活躍も含めた「技術力+人間力」の総合評価を重要視しておりますので、様々なチャンスを活かしていただければと思っております。

[ ジュニアボード制度 ]

ジュニアボード制度とは簡単に説明しますと、今後活躍を期待される若手社員や中堅社員を中心とした会議のことです。
自薦・他薦(幹部からの)によって集まったメンバーがプロジェクトチームを作り、会社の経営に関する議題の中からいくつかをピックアップして議論し、実際に経営陣への提案を行っております。事業所や部署間の壁を取り払い、若手社員の交流やモチベーションのアップの場としても期待しております。

株式会社スターシステム